粗悪燃料での試験

燃料の多様化の中で粗悪燃料は大きな課題です。

粗悪燃料での試験

燃料の多様化の中で粗悪燃料は大きな課題です。粗悪燃料を通常の燃料ラインに入れることをせず、容器で供給することになります。

ガソリンは既設の燃料ラインから供給します。

関連するアトセンス製品

FB-1000シリーズ

テストに使用するバイオガソリン、バイオディーゼルのリアルタイム混合が手軽にできる 世界的に自動車、建機、農機、船舶など広い分野で、バイオ燃料車の研究開発が進行しています。 そして、バイオエタノールとガソリンなどの燃料の比率を変更したエンジン・車の評価が急がれています。この評価実験装置の導入はできるだけ迅速にまたコストを抑えて実施したいものです。 燃料ブレンダFBシリーズを使用すると混合燃料の専用タンクおよびラインを設ける必要がありません。

FB-2000シリーズ

燃料ブレンダの基本機能はそのままに、燃料噴射装置に必要な圧力を本機で供給することが可能となり、別途加圧用にポンプを設置する必要がありません。供給する圧力は調整可能

▲ PAGE TOP