燃料制御装置

リアルタイムで実験しながら必要な比率でガソリンと
バイオエタノールを混合。バイオディーゼルにも対応。

自動車、建機、農機、船舶など広い分野で、バイオ燃料や粗悪燃料等の多様化が進んでいます。この対応のためにはテストベンチで様々な燃料での実験が求められます。
燃料ブレンダを用いると、テストベンチでバイオエタノールとガソリンなどの2液の燃料の比率を自由に変更し実験が可能です。

●2液の混合比率比率0~100%で必要な量をリアルタイムで混合
●既設の燃料ライン/タンクに設置可能
●先止め制御ができ、小流量から大流量まで正確な比率で混合
●燃料の管理データを出力可能

圧送装置

エア駆動式燃料圧送装置 AFP-100

エンジンテストベンチにおいて、燃料ラインの目標圧力(100~500kPa)になるように燃料を圧送します。 目標圧力の設定は燃料ラインのターゲットとする位置で測定した圧力を見ながらリモートコントローラで行います。 脱泡機能付きなので30%以上の泡が混入していても泡なしのきれいな燃料が圧送されますので、AFP-100の後に燃料流量計を配置することで正確な流量を測定することが出来ます。

燃料ブレンダ

FB-1000シリーズ

テストに使用するバイオガソリン、バイオディーゼルのリアルタイム混合が手軽にできる 世界的に自動車、建機、農機、船舶など広い分野で、バイオ燃料車の研究開発が進行しています。 そして、バイオエタノールとガソリンなどの燃料の比率を変更したエンジン・車の評価が急がれています。この評価実験装置の導入はできるだけ迅速にまたコストを抑えて実施したいものです。 燃料ブレンダFBシリーズを使用すると混合燃料の専用タンクおよびラインを設ける必要がありません。

▲ PAGE TOP