【 圧力調整機能付燃料ブレンダ 】 FB-2000シリーズ

圧力調整機能でさらに利便性を向上

 
 

燃料ブレンダの基本機能はそのままに、燃料噴射装置に必要な圧力を本機で供給することが可能となり、別途加圧用にポンプを設置する必要がありません。
供給する圧力は調整可能

特徴

■ 2液の混合比率比率0~100%で任意に設定できる 燃料混合装置
■ 必要な量をリアルタイムで混合できるので、余分に混合した燃料の廃棄無駄を削減
■ 既設の燃料ライン/タンクに設置可能
■ 先止め制御ができ、小流量から大流量まで正確な比率で混合できる
■ 流量制御範囲 0.06~100L/h、0.3~200L/hの2タイプ
■ 燃料の瞬時流量と積算流量を表示し、同時にアナログ出力可能 なので、管理データとして活用可能
■ 使用燃料はバイオエタノール、脂肪酸メチルエステル、ガソリン、軽油、重油、石油など
■ ブレンドした燃料は、約400kPaに加圧して出力。圧力は調整可能。

機能紹介

構成

本体と専用コントローラから構成されています。

■本体の流量センサのパルス情報を元に精密に流量計測および制御を行います。  
■ 本体への電源はコントローラから供給します。  
■ 設定はコントローラ部の遠隔操作で可能です。

設置・配管方法

■ 可搬式なので、都合のよい場所に移動が簡単です。  
■ 既存の燃料配管ラインを生かしてでも、また配管ラインを使用せず容器でも使用できます。したがって、コストを抑えて導入が可能です。

流量制御について

■ 入口の燃料に圧力差があっても、またブレンドされた燃料の使用量の増減があっても、高精度に設定された比率でリアルタイムに混合します。
■ 本体の精密流量センサのパルス情報を元にコントローラで積算偏差と速度補正をし、本体の比例弁の制御信号を出力します。

混合について

■ スタティックミキサーで混合します。 
■ スタティックミキサーは静止型混合器とも呼ばれ、駆動部はありません。

コストメリット

■ 高精度な混合が可能かつ流量管理データを使うことができるだけでなく、コストメリットがあります。

1

既存設備を大幅に変更する必要がありません。

燃料ラインでも、容器でも使用可能なので、導入コストを抑えることができます。

燃料の廃棄量が激減します。

従来の方法では、バイオ燃料は変質しやすいので保管することができず、どうしても燃料を廃棄せざるをませんでした。ところが、原液を必要なときに今後するので変質するこ得ともありません。また、燃料の比率変更時の死残量も500mL以下です。

関連する製品資料

燃料ブレンダ資料サムネイル
SlideShare
再生

燃料ブレンダ説明資料

FB-2000
PDF

圧力調整装置付燃料混合装置

インターネット展示会 tv 燃料ブレンダ
YouTube
再生

インターネット展示会 tv 燃料ブレンダ

関連する活用事例

さまざまな比率のバイオエタノール混合ガソリンの混合

さまざまな比率のバイオエタノール混合ガソリンの混合

様々な比率のバイオエタノールガソリンを実験。

オクタン価の違う燃料の混合

オクタン価の違う燃料の混合

オクタン価の違うガソリンを任意の比率で混合。

粗悪燃料での試験

粗悪燃料での試験

燃料の多様化の中で粗悪燃料は大きな課題です。

▲ PAGE TOP