【 回転センサ 】 電磁ピックアップ

回転速度を周波数に変換

■ マグネットとコイルより構成された発電型の回転ピックアップセンサ。
■ 検出歯車(回転体)に、本センサを近接して取付け、回転速度に比例した周波数の電気号を取出すことが出来ます。

特徴

本センサはマグネットおよびコイルより構成された発電型の回転ピックアップセンサです。
主に回転軸に取付けた磁性体の検出歯車(回転体)に、本センサを近接して取付けることにより、回転速
度に比例した周波数の電気信号を取出すことが出来ます。
信号線白を0Vとした場合、磁性体が本センサ先端に近付く時に信号線赤にプラス、離れる時にマイナス
電圧を発電・出力します。

仕様

型式 GM12
名称 回転ピックアップセンサ
直流抵抗 約2.2kΩ
検出歯車(回転体)

モジュール 1~3(モジュール=ピッチ円直径÷歯数)
材質 磁性体(例 S45C、SS400)
歯幅 3mm 以上

 出力電圧

f=1kHz モジュール=1 の条件にて(GAP=センサ先端と回転体との間隔)
2.0Vp-p (GAP=0.5mm 負荷抵抗=10kΩ) (TYP)
0.5Vp-p (GAP=1.0mm 負荷抵抗=10kΩ) (TYP)
2.4Vp-p (GAP=0.5mm 負荷抵抗=∞Ω) (TYP)
0.6Vp-p (GAP=1.0mm 負荷抵抗=∞Ω) (TYP)

 信号ケーブル

シースPVC 約φ5 2 芯シールドケーブル 2m
赤(+)、白(-)

 磁石極性  先端N 極
 出力発電極性  磁性体が先端に近づいたときに、(+)信号線に+極性で発生
 使用周囲温度  -10~+100℃
 外形寸法  M12(P=1) L:46
 質量  約95g(ケーブル含む)
 付属品  ナット2 個(M12 B17 H3 P1 両面取り)、歯付き座金1 個

外形図

GMT12外形図

▲ PAGE TOP