【 回転センサ 】 1次線ピックアップCLP-10

小型クランプ式イグニッション/インジェクションのタイミング計測センサ

 
 

本機は、カレントトランスを元にした、イグニッションコイルやコイル式インジェクションの電流変化からタイミング信号を取出すためのセンサです。
ピエゾ式インジェクションも検出可能ですが、微小電流のため出力が数十mVとなります。

エンジン回転計測において、2 次側の高圧ケーブルが無い機種でも検出を可能とします

小型でクランプ式のため、既設のハーネスケーブルにクランプできます。

特徴

  • 点火コイルの電流の変化から回転信号を取得。
  •  2 次側高圧ケーブの無い機種でも検出が可能。
  • 当社のET-100 パルス・アナログ出力付エンジンタコメータ 等に接続して回転計測が可能。
  • 当社のPS-100 4ch波形整形器に接続して点火のチャージ・放電、インジェクションの噴射タイミング計測が可能。
  • 5m の同軸ケーブルとBNC コネクタが付いているため、計測器への接続が容易。
  • 指定の取付け方向で、スパークプラグの放電及びインジェクションの噴射停止でプラス側にパルス出力。

出力波形

●イグニッション

CLP-10接続図_1

バッテリ~イグニッションコイル間の電流検出
フルトランジスタ式点火回路の、バッテリ~イグニッションコイル間にクランプします。
出力信号はトランジスタがONして通電開始時に負の小電圧が発生し、トランジスタがOFFする通電停止時(点火時)に正のスパイク電圧が発生します。
取付け向きを逆にすると、電圧の向き(正・負)も逆になります。

 

●インジェクション

CLP-10接続図_2

インジェクションの駆動信号はイグニッションと比較し電流が少ないため、出力電圧は小さくなります。

仕様

適用電流 0.1~10Arms 50A rms(max)
クランプ電線径 φ4.5(max)
外形寸法 W:15 D:20 H:26 (同軸ケーブルBNC プラグ付き5m)
使用周囲温度 -20℃~80℃

外形図

CLP-10外形図

関連する活用事例

▲ PAGE TOP