【 クランクポジションパルス逓倍器 】 CPM-100

エンコーダを必要とせずに1度(360P/R)毎の信号を出力

クランクポジションパルス逓倍器は、クランクポジションセンサの信号を360P/Rエンコーダ相当の出力に変換するものです。
エンジンの燃焼試験などの実験計測では、光学式エンコーダをクランク軸に取り付けて計測します。
しかし、取付の難しい光学式エンコーダの変わりに、実車ではECUに入力されるクランクポジションセンサの信号を利用して計測することで光学式エンコーダの取付が不要となります。

特徴

■ 回転速度の変動に応じて出力パルス周期を補正  
■ 出力パルス数誤差がない。  
パルスの逓倍方法は、低分解能パルスが入力する度に逓倍比と同じ数のパルスを一定周期で出力するやり方が一般的です。
この方法では、入出力の位相が同期していないため出力するパルスの数に誤差が生じ、角度ずれが起こります。
これに対して、CPM-100は回転速度の変動に応じて出力パルスの周期を補正するので、角度ずれが起きません

 

CPM-100A

 

 

 

  • 従来のCPM-100(360パルス逓倍)がさらに進化
  • 1回転720・360・180パルス逓倍出力を選択可能
  • 0.5°=1パルスの高分解能出力

クランクポジションセンサの欠け歯信号対応

クランクポジションセンサには角度の基準を示すため、欠け歯があります。

下図の実際の動作波形の通り、CPM-100は欠け歯があっても360P/Rの信号を連続して出力し、同時に1P/Rの信号を出力します。

cpm2

対応プレート

■1箇所欠け/欠けなし
  基本歯数:4,6,8,12,15,20,24,36,40,60歯
  欠け歯数:0,1,2,3,4歯
■1箇所増し
  基本歯数:4,6,8,12歯
  増し歯位置:基本歯数の1/3,1/2,2/3
■2箇所欠け
  基本歯数:36歯
  欠け歯数:3歯
■3箇所欠け

※2箇所欠け、3箇所欠けのプレートは限定されています。
※その他の仕様についてはお問い合せください。

cpm_plate

  基本歯数:36歯
  欠け歯数:4,6歯

仕様

表示部
  表示項目:表示方式 回転速度表示:6桁X1行 文字高約14.2mm 7SEG LED、緑
設定表示:16桁×2行  文字高約5.6mmキャラクタLED、バックライト緑
クランク信号入力部
  コネクタ BNCレセプタクル及びスクリューレス端子台
  入力周波数 10~20,000Hz
 入力信号 正弦波(トリガレベル0V)/矩形波 (トリガレベル+2.5V)
  トリガスロープ 立上り/立下り
  LPF 無し/20kHz(-3dB)
  プルアップ OFF/ON(端子台のみ)
 センサ電源 +12V(80mA)
  入力抵抗 100KΩ
  入力電圧 ±50V(最大定格±100V)
 波形整形出力電圧 TTL(0-5V)
 対応シグナルプレート 1箇所欠け/欠けなし
  基本歯数:4,6,8,12,15,20,24,36,40,60歯
  欠け歯数:0,1,2,3,4歯
1箇所増し
  基本歯数:4,6,8,12歯
  増し歯位置:基本歯数の1/3,1/2,2/3
2箇所欠け
  基本歯数:36歯 
  欠け歯数:3歯
3箇所欠け
  基本歯数:36歯 
  欠け歯数:4,6歯
※2箇所欠け、3箇所欠けのプレートは限定されます。
※その他の仕様についてはお問い合せください。
逓倍パルス出力部
  出力点数 2点(BNCレセクタプル)
  出力項目

ANGLE出力 180・360・720P/R(CPM-100は360P/Rのみ),TDC出力(1P/R)

  出力電圧 TTL(0-5V)
  出力論理 正論理/負論理
F/V出力部
  出力点数 1点(BNCレセクタプル)
  出力電圧 0~10V
 更新時間 1ms更新
 移動平均 1~500個
演算部
  周波数時間分解能 40MHz
  設定値記憶 EEPROM
一般仕様
  電源入力電圧/(電流) DC9~32V(10W)
  絶縁 DC電源/クランク信号入力/F/V出力/ANGLE出力・TDC出力・波形整形出力
  外形寸法 W:184 D:197 H:70mm(突起ぶ除く)
  質量 約1Kg
  使用温湿度範囲 0~40℃/85%RH以下(ただし、結露無き事)
  付属品 ACアダプタ、DCプラグケーブル

関連する製品資料

クランクポジション
YouTube
再生

クランクポジションセンサ 動作中

cpm-100パルス逓倍器
SlideShare
再生

CPM-100逓倍器説明資料

PDF

クランクポジションパルス逓倍器

▲ PAGE TOP