【 光ファイバ伝送システム 】 光ライントランシーバシステム

通信信号を光通信

2芯(マルチモードファイバ)の光ファイバケーブルにて、ABSエンコーダ通信信号を光通信
2台の光ライントランシーバを組み合わせて使用

特徴

■ 電気信号の2線式RS485信号を光信号に変換して送信し、光信号を受信して電気信号の2線式RS485信号に変換  
■ 標準でDINレールに取付可能  
■ 最長800メートルの伝送可能  
■ 高速の伝送速度 DC~3Mb/s

仕様

光伝送ライン
適用光ファイバ AOL-02F-xxx 光ファイバケーブル(ケーブル長 ***m)      
H-PCF 200/230 2芯 MMF タクティカル光ファイバケーブル)
発光波長 800nm
適用光コネクタ F07 形2芯 光コネクタ(CF-2001H)
伝送距離 2m~800m (300m以上は内部SW切替)工場出荷時設定 :300ms以下
伝送距離 DC~3Mb/s
電気信号
外部電源入力 5V ±5% 200mA最大
瞬間停電対策 外部電源入力は、消費電流 200mAで5Vを25ms保持できること
端子台接続 端子台 ソケットタイプ 5.08mmピッチ MSTB 2.5/8-ST-5.08
LEDインジケータ 赤色LED・送信・受信信号表示、2個 黄色LED 電源ON表示
信号入力 差動入力 差動電圧0.3V以上
信号出力 差動出力±2V(終端=200Ω) RS485規格準拠 素子:AMD485 担当
ターミネータ抵抗 線路間 220Ω +5V、GND間1kΩ
出力信号最大定格電圧 ±7V
信号遅延時間(TYP.) RS485入力~RS485出力間
ケーブル50m 0.5μs ケーブル100m 0.75μs ケーブル200m1.25μs
その他の仕様
付属品 ソケットタイプ端子台 8P、光素子保護キャップ
使用温湿度範囲 -10~+50℃ 85%RH以下(ただし、結露無き事)
保存温湿度範囲 -20~+70℃ 85%RH以下(ただし、結露無き事)
防塵防的対策 プリント基板コーティング処理
外形寸法 W:90 D:46 H:20(DINレール取付板含む)

関連する製品資料

PDF

光ライントランシーバシステム

関連する活用事例

ノイズ対策

ダイナモ・各種試験機やインバータモータなどノイズの多い環境での使用が可能です。

▲ PAGE TOP