【 角度検出・回転センサ 】 REシリーズ インタフェース RE-B10

Topを極めるタイミングパルスジェネレータ インタフェース

 
 

ロータリエンコーダ RE-10からの信号を速度、角度情報に変換し±5Vで出力します。
外部入力信号をトリガとして、再パルス出力や、その時の角度電圧出力をホールドすることができます。
点火タイミングセンサの信号を取り込み、点火時の角度電圧を出力します。

 

 

任意原点(Z相)の角度を基準にEVENT-A(アングルベースパルス)を出力

特徴

・RE-10からの速度を正転・逆転を判別し±5Vのアナログ電圧で出力
 フルスケール時の最大速度 1000、5000、10000、20000r/minを選択
・回転角度(0-360°)を ±3.6V ±5Vで出力
・RE-10の原点(Z相)を任意に設定できるため、取付時の原点合わせが簡単
・タイミングジェネレータ機能で任意角度でのトリガパルスを出力可能
・外部信号入力時のアナログ電圧や再パルス出力
・パソコンで、角度・速度アナログ出力のフルスケールや原点位置を設定(専用ソフト)

仕様

●エンコーダ入力   RE-10  1台 を接続
入力信号形式 RS485 差動入力
ABZ入力角度分解能 0.2-0.5-1.0-2.0-5.0 (deg)
角度検出 ロータリエンコーダ原点 + 角度オフセット (原点オフセット機能)
●EVENT 入力
EVENT-B1
EVENT-B2
入力電圧範囲 ±12V トリガしきい値
入力検出しき値
立上り/立下りエッジ切替
入力過電圧保護     ±25V
入力抵抗       100kΩ以上
入力検出上限周波数   15KHz @-3dB
A/Dコンバータ 16bit 100KHz サンプリング
●エンコーダ回転パルス出力
ABZ相出力
CDZ相出力
TTL   振幅 0-5V 適合負荷 1kΩ以上 ABZ相 出力 または、CDZ相 出力を切替
LVDS 受信端 120Ω終端のこと
●タイミングパルス出力 ( ロータリエンコーダの角度監視出力 )
RE-10の原点を基準に、PCより 0~360.0°の範囲にて0.1ステップで設定した開始角度と終了角度の間のパルスを出力
EVENT-A OUT +TTL 正論理 振幅 0-5V 適合負荷 1kΩ以上 出力時に TRIG A LED 0.1sec以上点灯
-OC     負論理 オープンコレクタ 5V 6mA以下
EVENT-B1 OUT
EVENT-B2 OUT
+ TTL 正論理 振幅 0-5V 適合負荷 1kΩ以上 出力時に TRIG B1、B2 LED 0.1sec以上点灯
-OC     負論理 オープンコレクタ 5V 6mA以下
●エンコーダアナログ出力
最大振幅 ±5V、分解能 16 bit、精度±0.2%@20℃、角度更新周期 10μsec、速度更新時間 1msec
角度電圧 -3.6V (0°) ~ +3.6V (360°) 、 0V (0°) ~ +3.6V (360°)
-5.0V (0°) ~ +5.0V (360°) 、 0V (0°) ~ +5.0V (360°)
速度電圧 ±5V固定 +:正転方向 –:逆転方向で判別
最大速度5000、10000、15000、20000P/Rの選択
●EVENT-B (外部信号のレベルを監視)
角度電圧 ±3.6V、±5.0V
指定したしきい値を超える毎に、角度電圧を更新する
取込波形 出力信号 電圧範囲 ±5V に変換して出力
●一般仕様
PC通信形式 USBインターフェース
絶縁仕様 供給電源~フレームGND(アース)~信号GND 各間の絶縁仕様
供給電源 (消費電力) DC10~29V  4W 以下 (エンコーダへの電力供給除く)
保護機能 逆極性接続保護
本体ケース アルミケース アルマイト処理
外形寸法 W:150 × H:46 × D:110 mm
質量 約 500 g
動作温度範囲 -20~40° (結露無きこと)
付属品 ACアダプタ 12V 1A、USBシリアル変換ケーブル 型式:VE488 FT232 RE-B10、設定ソフト(CD-R)の取扱説明書

関連する製品資料

PDF

RE-B10 インタフェースボックス

関連する活用事例

磁気式ロータリエンコーダRE-10 取付事例

マグネットドラムと2ヘッド磁気ベクトル検出方式を活かした、
優れた偏心許容 0.4mmp-p、スラスト ±0,5mm を実現

▲ PAGE TOP