EtherCATスレーブユニットのカスタム受託

●概要
アトセンスは、お客様のご要求に 最適な EtherCAT+信号処理装置のご提案・設計・製造を最小のコストで提供します。
近年、計測装置市場において、機器間の同時性を保証するEtherCAT通信が注目され、EtherCAT汎用I/Oモジュールが入手できるようになりましたが、この汎用モジュールでは対応しきれないお客様の多様な計測ニーズにお応えします。

  • 製品化までの流れ
    ①ご要望のヒヤリング及び仕様打合せ
    ②見積書の提出
    基本的には無料ですが、検討に多大なコストを要する場合は別途費用を請求させていただく場合があります。
    ③ カスタム製品の設計・製造受託
    ④プロトタイプ納品、検証
    ⑤量産設計及び製造、信頼性試験
    ⑥量産製品の納品

●レゾルバ位相計測ユニットECS-RV01の紹介

EVモータのレゾルバ位相計測ユニット(EtherCATスレーブ)です。
仕様変更や機能追加などお客様のご要望にも対応いたします。
●レゾルバ位相計測ユニット ECS-RV01
・位相差表示(数値・波形)ABZ相に変換・表示
・速度・角度を数値、グラフで表示
・3相それぞれの生波形モニタ及び実効値
・EtherCATによる複数のユニットデータの同時性保証※1
・校正証明可能
※1 本システムはEtherCAT通信を使用しているので本システムに接続したスレーブ機は時間的な同時性が保たれます。
詳細は、こちらをご覧ください

関連する製品資料

YouTube
再生

レゾルバ位相計測システム マスターPC+ECS-RV01 のデモ紹介

▲ PAGE TOP