振動解析装置のエンジン回転基準信号として

燃焼解析以外でも応用は自由自在

エンジンのクランク部にロータリーエンコーダを取付けずに、自動車部品のクランクポジションセンサを逓倍することでクランク角度信号(2~9000P/R)をリアルタイムに生成します。

この出力タイミングを振動解析装置の計測トリガ信号として活用できます。また高速のF/V出力が標準装備されているので便利です。

関連するアトセンス製品

CPM-300

実車のクランクポジションセンサを活用し、ロータリーエンコーダを必要とせずに、ロータリーエンコーダ相当の信号(2~9000P/R)を生成します。 さらに、他社ベンチマークテストに便利な任意ユーザ波形出力機能、擬似制御パルス出力機能、タイミング計測機能を搭載しました。

▲ PAGE TOP