イグニッション1次線ピックアップセンサを用いたエンジン回転計測

エンジン回転数をデジタル表示。

センサをバッテリーとイグニッションコイルの間の1次線を挟むと点火タイミング時に大きなパルス状の出力が出ます。

この信号をエンジンタコメータに入力します。

エンジン回転数のデジタル表示、F/Vアナログ出力、USBデータ出力します。1回転1個のパルス信号出力も標準装備しています。

関連するアトセンス製品

ET-100

回転速度を簡単にしかも精度良く計測したいこのような要望に応えているのが、パルス・アナログ出力付エンジンタコメータET-100です。エンジンタコメータとしての機能を満載していますが、...

1次線ピックアップ CLP-10

本機は、カレントトランスを元にした、イグニッションコイルやコイル式インジェクションの電流変化からタイミング信号を取出すためのセンサです。 ピエゾ式インジェクションも検出可能ですが、微小電流のため出力が数十mVとなります。 エンジン回転計測において、2 次側の高圧ケーブルが無い機種でも検出を可能とします 小型でクランプ式のため、既設のハーネスケーブルにクランプできます。

▲ PAGE TOP