イグニッション1次線ピックアップセンサを用いたエンジン回転計測

エンジン回転数をデジタル表示。

センサをバッテリーとイグニッションコイルの間の1次線を挟むと点火タイミング時に大きなパルス状の出力が出ます。

この信号をエンジンタコメータに入力します。

エンジン回転数のデジタル表示、F/Vアナログ出力、USBデータ出力します。1回転1個のパルス信号出力も標準装備しています。

関連するアトセンス製品

ET-100  エンジンタコメータ

エンジン回転信号を入力し、回転速度の表示と0~+10VのF/V出力を行うタコメータです。 イグニッション用クランプセンサ、ギアセンサ、電磁ピックアップセンサ、光電センサなど各種センサを入力できます。 また、パルス出力、USB出力機能も搭載しています。

1次線ピックアップ CLP-10

イグニッションコイルの点火信号・インジェクションの駆動信号を検出するセンサです。 小型でクランプ式のため、既設のハーネスケーブルにクランプして使用します。

▲ PAGE TOP